株式会社テルワーク ~コミュニケーション広場~ の掲載開始について

「テルワーク」と似た複合ワードで『テレワーク』という言葉があります。
この『テレワーク』とは、総務省や厚生労働省も認める言語で、通称:在宅ワークやホームワークと称されます。
もっと詳しく書きますと、『情報通信技術(IT)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方』という事で、
云わば「在宅勤務=在宅ワーク=ホームワーク」と称される事になります。
「tele=離れた場所」で「work=働く」という事ですね。

テレワークは、以下のように「雇用型」と「非雇用型」に分類されます。
 ●雇用型・・・週に何日か事業所に出勤、残りを在宅勤務で行なう場合。
 ●非雇用型・・個人が請負、または委託会社に登録を行い、在宅にて業務を請負う。
になります。

私ども株式会社テルワークは「非雇用型」になります。
委託会社またはクライアントは「業務の依頼者」であり、在宅オペレーターは「業務の請負者」となります。
相互間に「業務委託契約」「秘密保持契約」を結んだ上で、健全な在宅業務を行なう事になります。
契約を締結した「取引関係」という事になり、在宅オペレーターは「取引先」となります。
したがって、「雇用⇒給与」という概念ではなく、「個人事業主(取引先)⇒報酬(業務委託料)」になります。

弊社「株式会社テルワーク」は、この「テレワーク」をもじった形になります。
在宅コールセンターとして「テル(TEL)」の「ワーク(仕事)」を行なう会社になります。

昔の在宅型オペレーター業務は、固定電話や携帯電話に転送されて受信業務を行なったり発信業務を行なったり
していましたが、それは10年前の話です。
弊社では、その当時から、『インターネットを介した電話回線を一人の在宅オペレーターに100回線以上接続し、
パソコンにて複数の業務を同時に行なう本格的な在宅コールセンター』としてスタートしました。
現在約350名の在宅オペレーターを有する、草分け的存在の在宅コールセンターになります。

弊社の門を叩き、何年もの間継続され大成功を収めている方々、また自身で起業家としてミニコールセンターを
作ってしまった方々、等々、どのようにして成功を収めたのだろうか。。。そんな成功体験談をまじえたブログ
として【株式会社テルワーク ~コミュニケーション広場~】の掲載を開始致します。

日々更新されるブログ【株式会社テルワーク ~コミュニケーション広場~】をご参考の上、
健全な かつ 円滑な 在宅コールセンターでの在宅オペレーター業務にチャレンジしていて頂きたく存じます。